文字サイズ

プレスリリース 2008年

2008.4.1
2008年度 テルモ株式会社 入社式 歓迎の辞
代表取締役社長 高橋 晃
 

皆さん、入社おめでとうございます。心から歓迎いたします。

◆ 新入社員へのアドバイス

皆さんに幾つか要望とアドバイスをしておきたいと思います。

要望は「学び続ける事」の一点です。「学ぶ」とは、単なる勉強ではありません。「活きた勉強」のことです。実際の仕事や生き方に活用できなければ、何にもなりません。その中でも本を読む事は想像力を鍛える最もよい方法の一つです。あるいは体験を通して身につけるなど、多様な方法で力をつける事です。

テルモには、新人研修を始め、次世代リーダー育成研修など、様々な研修がありますが、基本は自己責任で学ぶ事です。自らに投資して学ぶ姿勢が無ければどんな研修に参加しても意味がありません。そして、学んだことを、必ず次の新たな行動につなげる事です。

学ぶ内容について少しアドバイスします。皆さんがこれからビジネスの世界で、将来リーダーとなるために身につけておかなければならない能力、スキルは大別して3つあります。

  1. 専門的な知識・スキル(物事を実現し得る能力)
  2. コミュニケーション能力(人間関係)
  3. コンセプトを構築する力(仮説、戦略)

各々次元が違いますが、いずれも皆さんが今から志していかなければならないものです。

さて、今日は当社の新しい中期計画のスタートの日でもあります。新しい中期計画のスローガンは、「フェニックス2010:非連続への挑戦」です。フェニックスは神話上の鳥ですが、何百年かに一度巣を焼き尽くしたあと、灰の中からよみがえる力を持つ、永遠の生命を得た鳥です。永続的な成長を望むためには、創造的破壊のプロセスに自ら飛び込む必要があるという意味です。

医療という分野はやりがいと感動に満ちたフィールドです。我々も自ら生まれ変わるくらいの気概をもって、新しい一歩を踏み出します。

皆さんも大きな志を持って挑戦してください。新人の役割は、新しい風を吹き込むことです。疑問を素直にぶつける事が組織の活性化につながります。

ともにテルモの新たな歴史を創っていきましょう。



<参考> 2008年度 テルモ株式会社 入社式

  日   時: 2008年4月1日(火)11:00~12:00
  会   場: テルモ湘南センター (神奈川県)
  新入社員数: 207名

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.