文字サイズ

プレスリリース 2007年

2007.9.28
医療従事者や介護者の負担を軽減する栄養食
テルモ、「エフツーショット」を発売
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:高橋 晃)は、医療従事者や介護者の負担の軽減を目指した栄養食「エフツーショット」を、このほど全国の病院などの医療機関向けに発売しました。

口から食事が取れない患者さんの栄養摂取の方法にはいろいろありますが、その一つとして、栄養価の高い液状の栄養食を活用する方法があります。しかし、液状の栄養食は、胃腸内の通過スピードが速いため、消化しきれないことがしばしばあります。対策として、液状の流動食にとろみをつける調製が行われますが、その調製には時間がかかるとともに、安定した粘度をいつも作ることは難しく、また手間のかかる作業です。

そこで、テルモはあらかじめとろみをつけた「エフツーショット」を開発しました。「エフツーショット」を活用することで、医療従事者や介護者などの負担を軽減することが期待できます。

希望小売価格は200g×24本入り5,760円、300g×18本入り5,400円、発売後1年間の売上目標は1億円です。



【商品写真】
「エフツーショット」


■ 商品特徴

1. とろみのついた流動食
あらかじめとろみをつけることにより、腸にやさしく、また医療従事者や介護者の調製作業が軽減できます
2. 食物繊維、タピオカデキストリン配合
食物繊維の原材料として、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を併せ持つ大豆ふすまを使用しています。また、糖質としてタピオカデキストリンを配合しております
3. 使い勝手を考慮した製品仕様
投与カロリーを計算しやすい 1gあたり 1kcalです。1パックあたり 200kcalと 300kcalの 2種類を用意しています
4. ビタミン・微量元素をバランスよく配合
「エフツーショット」を1,000kcal摂取することで日本人の食事摂取基準(2005年版)記載のすべてのビタミン、微量元素の推奨量および目安量を満たすことができます

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.