文字サイズ

プレスリリース 2007年

2007.1.17
テルモ、チリの医療機器輸入販売会社サリメド社の全持分を取得
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:高橋 晃)は、チリの医療機器輸入販売会社であるサリメド社(本社:チリ共和国 サンティアゴ、社長:フランシスコ・サリナス)の全持分を取得することで合意し、1月12日に契約を締結しましたので、お知らせいたします。

サリメド社は、1980年以来、テルモの専業代理店として、チリで、シリンジや血液バッグ、人工心肺システムなどを販売しておりました。加えて、06年度よりカテーテル製品の販売も開始しております。

テルモは、メキシコ、ブラジルに100%出資の販売子会社を有していますが、南米第5位の市場であるチリにおいても現地法人を有することで、さらに中南米での事業の強化を図ってまいります。2010年には、チリで5.3百万米ドルの売上げを目指します。買収後の新会社は、テルモ・チリ有限責任会社 (Terumo Chile Ltda.) に社名を変更し、テルモの米国子会社であるテルモメディカル社1%、さらにその子会社であるテルモラテンアメリカ社99%の出資比率となります。



■サリメド社の概要

会社名: サリメド社
  代表者: フランシスコ・サリナス
  事業所所在地: チリ共和国 サンティアゴ
  設立: 1980年
  事業内容: 医療機器輸入販売
  従業員: 15名
  資本金: 15百万チリペソ
  売上高: 3.8百万米ドル(約4億円)
(2005年1月~2005年12月)

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.