文字サイズ

プレスリリース 2006年

2006.10.27
「消費者のためになった広告コンクール」テレビ広告部門
注射針篇で、「経済産業大臣賞」受賞
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:高橋晃)は、本年4月より放映しているテレビCM「注射針篇」が、(社)日本広告主協会が主催する「消費者のためになった広告コンクール」のテレビ広告部門において、最優秀作品に贈られる「経済産業大臣賞」を受賞いたしました。
また、ラジオ広告部門(21秒以上ブロック)においても銅賞を受賞いたしました。

テルモでは「人にやさしい医療の実現」をビジョンに掲げ、企業活動を行っています。このビジョンの実現の一つとして、昨年、糖尿病でインスリン注射が必要な患者さんに注射の際の痛みを少しでもやわらげていただきたいという想いから、世界一細いインスリン用注射針を製品化し、発売しました。 

このような企業活動をより多くの方に知っていただくことを目的に、この「インスリン用注射針」をテーマに企業CMを放映しています(参考資料)。このたびの栄えある「経済産業大臣賞」の受賞を励みに、今後も製品やサービスを通じ、「人にやさしい医療」が実現できるよう、邁進してまいります。



■「経済産業大臣賞」受賞TV-CM 「注射針篇」


参考:テルモ企業CM放映番組

《番組概要》
番組名: 週刊!健康カレンダー『カラダのキモチ』
  放映時間: 毎週日曜日 あさ 7:00~7:30
CBC/TBS系列 全国28局ネット放送

『カラダのキモチ』は、身近な生活上のテーマを取り上げ、健康的な毎日を送るためのヒントをお届けする、新しいスタイルの健康情報番組です。

予防医学の重要性と関心が増している中、病気の予防に役立ち、面白くてタメになる番組を提供することで、社会のお役に立てるものと考えております。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.