文字サイズ

プレスリリース 2006年

2006.08.02
今年で4回目 ボランティアで富士山の森づくり
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:高橋 晃)は8月5日(土)、台風による倒壊の被害を受けた富士山の森林を再生するボランティア活動「テルモ富士山森づくり」を「NPO法人富士山自然の森づくり」と共催で行います。

)「NPO法人富士山自然の森づくり」は、富士山周辺の国有林の森林再生を目指して活動しているボランティア団体です。

「テルモ富士山森づくり」は、2003年より毎年テルモ社員及びその家族がボランティア活動として行っているもので、富士山の国有林において広葉樹の苗木の成長を妨げるススキなどの下草の刈り取りを行っています。テルモではこの活動を毎年継続することで、富士山の豊かな自然の森づくりに少しでも貢献できればと考えております。



◆「テルモ富士山森づくり」を実施する背景

1996年9月、台風17号によって富士山の国有人工林はかつてない風倒被害を受けました。そこで「NPO法人富士山自然の森づくり」では、翌1997年から災害に強い自然林再生活動に取り組んできました。

静岡県富士宮市に2つの工場を所有し、富士山麓から湧き出る地下水を利用し、医療機器や医薬品などを生産しているテルモは、この自然林再生活動に共感し、地下水の源になる自然林を再生させるために、同NPO法人と協力して「テルモ富士山森づくり」活動を行っております。

今年で4回目の実施になりますが、参加者からは「親子で自然の大切さを学ぶことができる」、「毎年参加して、苗木の成長を見守りたい」などの声が寄せられ、年々参加者が増えています。



◆第4回「テルモ富士山森づくり」実施概要


日 時    :2006年8月5日(土)10:00~15:00
場 所    :静岡県富士宮市・富士山緑の募金の森 2.12ha
作業内容  :苗木の成長を阻害している下草の刈り取り
予定人員  :テルモ社員によるボランティア約100人
共 催    :NPO法人富士山自然の森づくり
協 力    :富士山緑の募金の森造成事業実行委員会
※ 一般の方の募集は予定しておりません。

テルモは創業以来「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、安全性や環境への影響に配慮した事業活動を行っております。また、環境省が推進する国民運動「チーム・マイナス6%」にも参加しています。これからも良き企業市民として、人々の健康な生活に役立つ活動を通じて、社会に貢献してきたいと考えています。




(昨年の8月6日(土)に実施した第3回「テルモ富士山森づくり」の様子)

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.