文字サイズ

プレスリリース 2006年

2006.05.18
テルモ、ヤクルト本社と抗がん剤リポソームを共同開発
 
 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:高橋 晃)は、株式会社ヤクルト本社(本社:東京都港区 社長:堀 澄也)と抗がん剤を封入したリポソーム製剤を、共同開発することになりました。2006年5月より、米国で第1相臨床試験を開始します。

この製剤は、テルモが開発したリポソームに、ヤクルト本社が開発し、大腸がんの治療薬として広く使用されている「カンプト注」(一般名:塩酸イリノテカン)の有効成分であるイリノテカンを封入したものです。イリノテカンをリポソーム製剤化することで、薬剤効果の持続性とがん組織への集積性が向上するとともに、副作用の軽減が期待できます。米国での第1相臨床試験では、リポソーム製剤をテルモが供給し、ヤクルト本社が臨床試験を実施いたします。


<リポソーム製剤の概要>

開発コード:IHL-305
製剤の内容:ポリエチレングリコール修飾リポソーム製剤
1バイアル10mL中にイリノテカンとして50mg含有
標的がん腫:固形がん

ご参考:リポソームとは
抗がん剤を投与すると、体全体を循環するため患部以外の健常な部位に対しても望まない薬効が生じてしまいます。つまり、ターゲットとするがん組織のみに薬効が集中せず、薬剤が分散するために、様々な副作用を引き起こすことにもなります。そこで、がん組織だけに効率良く薬物を集中させる方法を開発すれば、薬効を高め、副作用を抑えることが出来ます。その有効な方法のひとつとして、体内で「必要な量の薬物」を「必要な部位」に「必要な時間」送達するDDS( Drug Delivery System )技術があります。
リポソームは、DDS技術の一種で、「リポ」は脂質(リピッド)、「ソーム」は袋を意味し、脂質を水の相に分散させた時にできる極めて小さな微粒子です。この脂質微粒子の膜または内部に薬剤を封入することによって特定の部位に薬剤を送ることができるようになります。


<テルモのリポソームの特長>
テルモが独自の技術を活かし開発したリポソームは、特定の粒子サイズに制御され、ポリエチレングリコールでリポソームを修飾することにより、がん組織への標的化を有し、長期にわたり効果を持続することができます。

がん組織は、正常な細胞よりも急激に増殖するために常に血管の新生が起こっています。このため血管壁組織に数百nmの隙間が開いていることが確認されています。リポソーム製剤は、正常な血管壁からは浸透することはありませんが、がん組織特有に見られる並びが荒くなった血管壁からは浸透するため、必然的に病変部位に到達しやすくなります。また、がん組織では排泄機能を持つリンパ管が未発達なため、送り込まれたリポソーム製剤が排泄されず、結果としてがん組織において薬剤効果を持続的に発揮できることになります。


テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.