文字サイズ

プレスリリース 2006年

2006.03.16
高年齢者再雇用制度を拡充へ
 

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:高橋 晃)は、従来より、高度な技能・技術を持つ人を対象に、60歳以降の再雇用制度を導入してきましたが、4月より、この制度を拡充します。


<従来の再雇用制度>
・特に高度な技能、スキルを持った人を会社が選抜

<新たな再雇用制度>
・本人の希望を基本に、あわせてスキルや業績貢献度などの評価を加味
・60歳以降の再雇用社員に対しても昇給・賞与へ貢献度を反映


<その他の制度の変更>
・退職金への貢献度反映の対象を60歳まで拡大



 これらの仕組みは、今年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法の対応に留まらず、若手からベテランまで社員一人ひとりが真剣に自らのキャリアを考え行動する機会の一つとして位置付けます。
そのための新たな仕組みを導入することとしました。

<従来の仕組み>
・年に一度、キャリア面談を実施

<新たな仕組み>
・キャリア面談の内容をデータベース化
・社員は自らのスキル、能力向上をはかる
・上司はメンバー一人ひとりの成長プランを考え、互いに共有


 今後もテルモでは、「人を大切にし、人を活かす」という経営方針のもと、社員一人ひとりが、いきいきと働く環境を築き、継続した成長に向け、競争力ある会社を目指して変革を進めてまいります。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.