文字サイズ

プレスリリース 2005年

2005.03.24
テルモ 
新テレビCM(企業イメージ広告)「プレフィルドシリンジ」篇の放映をスタート
 

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、新しいテレビCMの放映を3月27日(日)より開始いたします。
今回のテレビCMは、救急医療や医療事故防止に寄与する製品として医療現場から高い評価をいただいている、薬剤充填済み注射器「プレフィルドシリンジ」を取り上げました。今年は、阪神淡路大震災からちょうど10年目に当たり、災害時医療に対する世の中の関心が高まっております。CMを通して、当社が開発した「プレフィルドシリンジ」が、災害時や救急時をはじめ、広く日常の医療活動に貢献していることをご紹介するものです。
テルモは今後も様々な医療技術や最新の医療機器を世の中にご紹介することで、医療機器の社会的有用性や、人にやさしい医療の実現に取り組む企業姿勢を積極的にアピールしてまいります。


  1. CMの骨子
  2. 今回のCMは、次のような「プレフィルドシリンジ」開発時のエピソードに基づいて制作されたものです。
     
     1995年の阪神淡路大震災では、多くの病院が震災の被害に合い、医療機器や医薬品が破損して使えないという状況でした。ガラスのアンプル(薬を詰めたガラスの容器。通常注射器に薬を吸い取って使用する。)が割れていると薬を使うことができず、救急時の治療に支障をきたすこともありました。

     その当時、テルモでは薬を予め注射器に充填した「プレフィルドシリンジ」を開発中でした。阪神淡路大震災の3年後、ようやく完成した試作品の評価をしてもらうため、開発チームは全国の病院を回りました。ある病院を回った時のことです。3年前に実際に震災を経験されたドクターにこの試作品をお見せしたところ、「あの震災の時に、このような製品があったら、もっと多くの患者さんが救えたのに...」とおっしゃいました。この言葉は開発者の心に強く響き、医療現場が求めるニーズにいち早く応えていこうという、その後のチームの開発姿勢につながっています。


    【音楽】作曲家・中村由利子によるオリジナル曲
    【ナレーター】小山裕香  
    【出演者】桜井久直(ドクター)、増田和之(患者)、 苅部悠子(ナース)、上原光(子供)

  3. CM提供番組
  4. 「健康天気予報」(TBS系列9局 毎週日曜日放映)
    放送局 日時 地域
    TBS 東京放送 日曜日 18:24-18:30 東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川
    MBS 毎日放送 日曜日 18:24-18:30 大阪・滋賀・京都・兵庫・奈良・和歌山・徳島
    CBC 中部日本放送 日曜日 22:54-23:00 愛知・岐阜・三重
    TBC 東北放送 日曜日 18:24-18:30 宮城
    UTY テレビ山梨 日曜日 18:24-18:30 山梨
    SBS 静岡放送 日曜日 18:24-18:30 静岡
    RSK 山陽放送 日曜日 18:24-18:30 岡山・香川
    RCC 中国放送 日曜日 22:54-23:00 広島
    RKB RKB毎日放送 日曜日 18:24-18:30 福岡・佐賀

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.