文字サイズ

プレスリリース 2005年

2005.01.26
テルモ、エドワーズライフサイエンス株式会社より
日本における人工心肺関連事業を買収 -グローバルシェアNo.1へ-
 

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:高橋 晃)は人工心肺システム事業の強化・拡大を図るため、エドワーズライフサイエンス株式会社より、日本における同社人工心肺関連事業を譲り受けることで合意しましたのでお知らせします。 今回の買収により、テルモの当該事業の世界シェアは現在の28%から31%に拡大し、一気にグローバル1位のポジションを占めることになります。


  1. 譲受けの内容
    1. 事業概要:日本における人工心肺関連商品の販売  
      【取り扱い商品】人工肺、血液回路、動脈フィルター他
    2. 売上規模:約26億円(2004年度年間実績)
    3. 譲受後の運営形態:テルモ株式会社カーディオバスキュラーカンパニーに集約。
    4. 譲受け価額:開示を控えさせて頂きます。
    5. 譲受けの完了予定日:2005年1月26日

  2. 譲受けの目的
  3.  当社は、1982年に世界初の中空糸型人工肺を発売以来、心臓外科手術に使われる人工心肺システムの事業をグローバルに展開してまいりました。1999年には米国スリーエム社から、また2002年には米国ライフストリーム社から、それぞれ人工心肺関連事業を買収し、順調に事業拡大を図ってまいりました。
    今回のエドワーズライフサイエンス株式会社からの営業譲受けは、日本国内での販売体制を強化することで、トップメーカーとしての市場ポジションのさらなる拡大を図るものです。 また合わせて、将来の心臓血管外科領域への事業拡大に向け、営業の基盤固めを行う狙いもあります。

  4. 譲受けの相手先
    1. 会社名:エドワーズライフサイエンス株式会社   
      (親会社:Edwards Lifesciences Corporation、米国カリフォルニア州)
    2. 代表者:代表取締役社長 ケイミン・ワング
    3. 本店所在地:東京都千代田区六番町

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.