文字サイズ

プレスリリース 2004年

2004.12.28
手術時の指先に絶妙な厚みがフィット
テルモ、医療用グローブ「マネックス」2種類を発売
 

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、医療用グローブ「マネックス ウルトラテックス」、「マネックス プラス」の2種類を、全国の医療機関向けに発売いたしました。3年後に国内の医療用グローブ10%のシェア獲得をめざしてまいります。


■「マネックス ウルトラテックス」(パウダーフリータイプ)の特長


  • 手袋にパウダーが塗布されていないパウダーフリータイプ
  • 下記のリスク低減が期待できます。
    • パウダーが有害物質を媒介することで発生するアレルギーやショック症状
    • パウダーが手の水分を吸収し過ぎ、長時間の乾燥状態による手荒れ
    • パウダーが飛散した手術室の汚染

  • しっかり保持するグリップ力
  • 水気の多い手術中でも臓器や小さな医療器具を握れるように、表面にエンボス処理を施しています。

  • 手指のフィット感
  • 指先部分の絶妙な厚みが、強度を保持しながら素手に近い感触を実現。 柔軟な伸びで手にフィットし、手術時の違和感の低減に役立ちます。

  • ラテックスアレルギーのリスクを低減するため、たんぱく質の含有量を削減
  • 天然ゴムに含まれる、ラテックスたんぱく質含有量を国際基準値※の 50μg/gを大幅に下回る10μg/gまで低減しました。(※国際規格EN-455-3)

  • 装着しやすい内面コーティング
  • 手袋内面にはポリマーコートを施し、装着性にすぐれています。
MEMO:ラテックスアレルギー
 天然ゴム製品に対する即時型アレルギー反応。症状としては接触じんましんなど比較的軽いものが多いですが、全身性じんましんやアナフィラキシーショックに発展する場合もあり、米国では死亡例が報告されています。原因となる天然ゴム製品として、各種の医療器具から歯科材料・日用品と多岐に渡ります。

■「マネックス プラス」(パウダー塗布タイプ)の特長


  • 安全性を考慮した素材
  •  グローブ内面の塗布パウダー量は15mg/d㎡にし、パウダーによるアレルギーやショック症状、手荒れ、飛散パウダーによる手術室の汚染など、トラブル発生の低減も期待されます。

  • 手指のフィット感
  • 指先部分の絶妙な厚みが、強度を保持しながら柔軟に伸びて手にフィットし、手術時の違和感の低減に役立ちます。

■品種構成

<販売名> <包装単位> <希望小売価格
(消費税別途)>
マネックス ウルトラテックス
医療用具許可番号 35BY0004
20双/箱 4,000円
マネックス プラス
医療用具許可番号 13BY6035
50双/箱 8,000円
*サイズは5.5~8.5まで7サイズを揃えています

 
「マネックス ウルトラテックス」

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.