文字サイズ

プレスリリース 2004年

2004.11.5
テルモ、新潟県中越地震被災地に圧迫ストッキング、電子体温計を追加寄贈
 

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区)はこのたび、新潟県中越地震被災地からの要請を受け、これまでの各種医療機器、栄養食品の寄贈に加え、新たに圧迫ストッキング「ジョブスト」1,000足、および電子体温計1,200本を追加寄贈することと致しました。 被災地では、長い避難生活の中で、疲れや天候不順などによる風邪の症状、さらには長時間の座位や運動不足などによるエコノミークラス症候群などが心配されています。上記寄贈品が少しでも被災者の方々の健康管理のお役に立てばと考えております。


【今回の寄贈品の内訳】


◇ 圧迫ストッキング「ジョブスト」 1,000足 (3百万円相当)
寄贈日:11月6日(予定)
寄贈先:新潟県福祉保健部健康対策課


◇ 電子体温計 1,200本 (3百万円相当)
寄贈日:11月2日
寄贈先:新潟県福祉保健部医薬国保課


 なお、上記製品に加え、11月5日、新潟県に8百万円の義援金を贈呈しました。この義援金は、当社グループ社員、労働組合及び当社からの寄付金をまとめたものです。

<ご参考>

  • 圧迫ストッキングとは...
  •  当社圧迫ストッキング「ジョブスト」は医療現場でも広く利用されており、足首部分を最大として、心臓に向かって上に行くほど弱くした圧力の勾配を利用し、脚の血液還流に役立ちます。テルモでは「ジョブスト」を全国の医療機関、及び薬局向けに販売しております。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.