文字サイズ

プレスリリース 2004年

2004.9.28
単回使用の真空採血管ホルダー「ベノジェクトⅡホルダーSD」を発売
日本臨床検査標準協議会「標準採血法ガイドライン」対応
 

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、血液検査(真空採血)に用いる採血管ホルダー「ベノジェクトⅡホルダーSD」を、9月29日から全国の医療機関向けに発売します。
本製品は、日本臨床検査標準協議会の定めた「標準採血法ガイドライン」*にある「採血管ホルダーは患者ごとに交換し、原則として使い捨てとする。」に対応した単回使用の採血管ホルダーです。
希望小売価格は1本12円(消費税別途)です。

 日本臨床検査標準協議会(JCCLS)の「標準採血法ガイドライン」は、採血を受ける方、医療従事者が安全で正しい検査結果を得ることなどを目的に発表されました(2004年7月)。作成はJCCLS標準採血法検討委員会がおこない、テルモは医療機器業界を代表して参加いたしました。

真空採血管ホルダー「ベノジェクトⅡホルダーSD」


■「ベノジェクトⅡホルダーSD」の特長

  1. 単回使用に対応するため、採血後、針を装着したまま廃棄する、針の外れない仕様にしています。
  2. 従来どおりテルモ製の採血針、翼付採血セット、ルアーアダプターの全てにワンタッチで装着できます。

 テルモでは採血に用いる、真空採血管、採血針、と今回発売する採血ホルダーを含め真空採血製品をトータルでラインナップしています。
今後もより安全な採血の製品開発に努め、医療の安全に貢献してまいります。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.