文字サイズ

プレスリリース 2004年

2004.7.23
院内感染の防止に寄与します
注射器入りヘパリン生食液「へパフラッシュ」に5mLを追加
 

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区)は、ヘパリン生食液入りプレフィルドシリンジ(注射器充填済み薬剤)の品揃えとして「へパフラッシュ10単位/mLシリンジ5mL」「ヘパフラッシュ100単位/mLシリンジ5mL」を新発売しました。

 テルモでは2002年から同10mL品を発売していましたが、このたび医療機関からの要望が多い5mLを追加致します。

 ヘパリン生食液は、カテーテルを留置したまま点滴を中断するときに、点滴チューブやカテーテルの中を満たし血液凝固を防止する薬剤です。従来は院内で調製する必要がありましたが、それに起因する医療事故が多発していました。その防止のため、海外で普及しているプレフィルドシリンジ型製剤の市販化が要望されていました。
ヘパリン生食液プレフィルドシリンジは2002年の発売後、急速に普及し、現在では約4500万本/年の市場といわれています。テルモの「ヘパフラッシュ」は約45%のシェアを獲得しておりますが、今回の品揃えを弾みにさらにシェアの拡大を図りたいと考えております。


■ 商品特長 ■


  1. 院内感染の防止に役立ちます
  2. 注射器にあらかじめ薬液が入っているため、院内調製で起こる可能性のある細菌感染の危険を低減します。

  3. 薬剤の取り違えを予防します
  4. 注射器に薬剤名がラベルされているので、取り違え防止に寄与します。

  5. 病院業務の効率化に役立ちます
  6. 日々忙しい薬剤師さんや、看護師さんなどが器具を用意したり、薬液を混合したりする手間をはぶき、業務の効率化に貢献します。

■ 容量 ■

  • へパフラッシュ10単位/mLシリンジ5mL(薬価:175円)
  • へパフラッシュ100単位/mLシリンジ5mL(薬価:202円)

 テルモはこれからもより安全な医療を提供し、また医療経済性にも優れた製品の開発に注力して参ります。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.