文字サイズ


医療関係の皆様向け情報

印刷する

テルミールアップリード

テルミールアップリード

お問い合わせはこちら

食べられない時にこそ、しっかりと栄養を摂ってほしい―その思いが、開発の原点です。

もっと少量で、もっと高カロリーへ。

3大栄養素をしっかり配合

コラーゲンペプチド
コラーゲンは、体たんぱく質の約30%を占め、全身に分布し、加齢と共に低下するといわれています1)。 コラーゲンペプチドは、コラーゲンの変性たんぱく質であるゼラチンを、加水分解して、低分子化したものです2)
乳清たんぱく
乳清たんぱく質は、牛乳の中に含まれる乳清たんぱくという成分を抽出したものです3)。 栄養価が高く、必須アミノ酸を全て含み、運動によって失われやすいBCAA(分岐鎖アミノ酸)を多く含んでいます4)
中鎖脂肪酸(MCT)5)
中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツなどヤシ科植物の種子の核の部分に含まれる天然成分です。母乳や牛乳などにも含まれており、私たちが普段から摂取している成分です。 中鎖脂肪酸は一般的な油よりも食べた後、素早く分解され、エネルギーになりやすいという特長があります。
カルニチン
カルニチンは、リジンとメチオニンという2種類のアミノ酸からなる化合物です。通常、肝臓や腎臓で生合成されます(1日20mg程度6))が、加齢と共に生成量が低下します7)。体内のカルニチンの約75%が食事由来といわれており、食事に依存する部分が少なくありません8)

【参考】 1) Mays, P.K., McAnulty, R.J., Campa, J.S. and Laurent, G.J., Biochem. J., 276, 307-313 (1991). 2) 君羅好史, 真野博, 日本食生活学会誌Vol.25 No.1, 5-8(2014). 3) 安藤邦雄, 調理科学, Vol.19 No.2, 73-77(1986). 4) 桑田有, Milk Science, Vol.61.No.2, 96-103(2012). 5) 中鎖脂肪酸サロン(http://www.nisshin-mct.com/contents/page195.html)(2017.7.20) 6) WIPジャパン株式会社, 内閣府食品安全委員会事務局平成23年度食品安全確保総合調査, 健康食品等の安全性情報に関する調査, (平成24年3月) 7) Costell M et al, Biochem Biophys Res Commun, 161(3), 1135-1143, 1989. 8) 永田純一, 生物試料分析, 35(4), 275-280, 2012.

選べるふたつの味 りんご風味/サワー風味

アップリードなら、無理なく少しずつ摂取。 アップリードを用いた1日の食事例

使いやすいチアーパック入り なめらかなとろみ食感


ページ上部へ