文字サイズ


医療関係の皆様向け情報

印刷する

メディセーフフィットスマイル

血糖測定システム メディセーフフィットスマイル

お問い合わせはこちら

救急外来、OPE室、透析室でも安心 メディセーフフィット チップ

*(社)日本臨床検査薬協会が定めるプラリドキシムヨウ化メチルに対する反応性・統一プロトコールにおいて、影響は確認されませんでした。
**社内データ。溶存酸素、マルトースの影響を受けない測定原理を採用。

メディセーフフィットの測定精度試験結果

  • *メディセーフフィットスマイルの測定光学系構成品及び測定原理はメディセーフフィットと同じです。

※ISO15197; 2013 要求試験法で評価(Institut für Diabetes-Technologie, Forschungs- und Entwicklungsgesellschaft mbH an der Universität Ulm, Principal Investigator: Guido Freckmann)、試験紙3LOT、1LOT各200検体(患者)で測定。(グラフは1LOT分)

効率的なデータ管理、療養指導に活用できる通信機能 NFC搭載でデータ転送もスピーディ

  • 電子カルテにダイレクトにデータ転送できるため**、入力・転記時の手間やミスが 無くなります。SMBG データの院内管理が さらに便利になります。
  •   *Near Field Communication 近距離無線通信技術
      **電子カルテのカスタマイズが必要になります。

立体チップを
共用できる
フィットシリーズ

全機種NFC通信機能付。
メディセーフフィット メディセーフフィットボイス メディセーフフィットプロ
測定に特化したシンプルな機能。
病棟や自宅での測定に。

医療機器承認番号:22100BZX00858
メディセーフフィットに音声ガイドを搭載。
フィットを使い慣れ、視力が弱ってきた方などに。

医療機器承認番号:22400BZX00128
複数人の測定に適した病棟用仕様。

医療機器届出番号:13B1X00101000037

フィットシリーズのNFC通信機能 活用事例

事例1
電子カルテに直接取り込み。未入力、誤入力、タイムラグの減少により、医師からの問い合わせも減少した。
事例2
血糖データマネジメントシステム「データビジョン」を活用し、忙しい外来診療時間の中でグラフ化した画面を患者さんと一緒に見ながら指導。
事例3
院内と外来の血糖値データを一元管理。漏れなく、正しい測定値を把握。院内測定では、実施回数とレセプトを連動させ、医療事務の効率化も図る。
事例4
病棟の血糖測定で今までのワークフローを変えずに複数人の測定値を一括して電子カルテに取り込む。測定機器の精度向上により、より正確な測定値を把握。未入力、誤入力、タイムラグも減少した。


ページ上部へ