文字サイズ


医療関係の皆様向け情報

印刷する

アセリオ静注液1000mgバッグ

アセリオ静注液1000mgバッグ

お問い合わせはこちら

計画的鎮痛とは、鎮痛薬を定期的に投与することにより、痛みを計画的に鎮痛すること。これにより、鎮痛効果を底上げし、オピオイド使用量を減らすことが期待できるとされています。

1)Wininger SJ, et al. :Clin Ther. 2010;32(14):2348-2369. 2)Sinatra RS, et al. :Anesthesiology. 2005;102(4):822-831. 3)術後痛サービス(POPS)マニュアル POPS研究会(企画・編集・発行)P16-P31.

アメリカ麻酔学会の術後急性痛ガイドラインでは、可能な限り麻酔科は多角的な痛みの管理をするべきであり、局所麻酔薬を使用した区域麻酔を考慮すること。そして、禁忌でない限りはCOXIB系薬剤、NSAIDs、アセトアミノフェンを定期的に(around-the-clock)投与することが推奨されています。

Recommendations for Multimodal Techniques.4)

Whenever possible, anesthesiologists should use multimodal pain management therapy. Central regional blockade with local anesthetics should be considered. Unless contraindicated, patients should receive an around-the-clock regimen of COXIBs, NSAIDs, or acetaminophen. Dosing regimens should be administered to optimize efficacy while minimizing the risk of adverse events. The choice of medication, dose, route, and duration of therapy should be individualized.

4)Practice Guidelines for Acute Pain Management in the Perioperative Setting An Updated Report by the American Society of Anesthesiologists Task Force on Acute Pain Management.
Anesthesiology, V 116 ? No 2 2012


ページ上部へ