文字サイズ

株主・投資家の皆様

トップメッセージ

「日本発のグローバル企業」としてさらなる進化を

株主の皆様には、日頃よりテルモグループの事業活動にご理解、ご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

前期において、当社グループの業績は売上・全ての利益において過去最高を更新し、中長期成長戦略の初年度は非常に良いスタートを切ることができました。また、2016年度に買収した3事業についても想定以上に円滑な統合が進みました。特にバスクテック社とボルトン・メディカル社が実質統合した心臓血管カンパニー血管事業では、2018年4月に「Terumo Aortic(テルモアオルティック)」という新ブランドを発表しました。このように各領域におけるテルモのブランド力を一層強化することで、世界における存在感をさらに高めてまいります。

テルモの海外売上比率は68%を占め、今後、その比重はさらに増加する見通しです。米国や新興国でテルモ製品への需要は伸びていますが、世界的に医療費抑制への動きが強まる中、競争も厳しさを増しています。テルモは製品の性能や実品質だけでなく、供給およびメンテナンスやトレーニングなどサービスを含めたトータルクオリティーに注力し、より包括的なソリューションを追求してまいります。同時に、持続的成長を支えるためグローバル・オペレーションを強化しています。特に、生産インフラの拡充は経営上の最優先課題であり、この度「生産ルネサンス」という全社プロジェクトが発足しました。世界に30ある工場を全体最適の視点から捉えなおし、生産性を一層改善するとともに生産能力をタイムリーに増強してまいります。

世界市場における製品競争力を強化するために戦略的内部開発にも積極的に投資をしています。自由で創造的な風土を醸成するため湘南センターや愛鷹工場の開発環境の改善を図りました。また、米国シリコンバレーには日米社員が協働する新規技術の開発拠点を新たに設立しました。さらに、テルモグループ全体の開発シナジーを創出すべく、グローバルCTOを媒介としてコア技術の相互共有など多様な連携を推進しています。

今後とも一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2018年6月

※ Chief Technology Officer(チーフテクノロジーオフィサー)

310 代表取締役社長 CEO
佐藤 慎次郎


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.