キャッシュフロー

フリー・キャッシュ・フローとは、企業が生み出すキャッシュのうち、文字どおり企業が自由に使えるキャッシュを表し、「営業キャッシュ・フロー」から「投資キャッシュ・フロー」を引いたものである。
「営業キャッシュ・フロー」で計算されたキャッシュ残高は、そこから新規事業展開の元手となったり、借入金の返済などで使われるが、すべてが企業の自由になるわけではないので、「フリー・キャッシュ・フロー」が重要となる。
したがって、経営管理の観点からも、また企業の業績を示す上でも重要となる。このフリー・キャッシュ・フローは新たな事業の展開や株主への配当のための資金源となるものである。 このため、フリー・キャッシュ・フローの大きい企業ほど企業価値が高くなる。