文字サイズ

株主・投資家の皆様

テルモ四季報  
【本社】151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-44-1
TEL 03-3374-8111 【設立】1921.9 【決算】3月(中配)有
【事業所】
<生産拠点> 30 (国内 8、海外22) 
<関係会社> 連結子会社 96、持分法適用関連会社 5社 (18.3)
【従業員数】連 24,508名 (18.9)
【上場】1982.6 東京 (幹事)野村、大和、日興(名義)三菱UFJ信
【銀行】 みずほC、三菱東京UFJ、三菱UFJ信、みずほ信
【監】 あずさ
【株主優待制度】
【業績】(百万円)
              売上高/
売上収益
営業
利益
経常
利益
税引

利益
純利益/
当期
利益
1株益 1株配
連16.3 525,026 81,703 73,090 - 50,676 135.14 39
連17.3 514,164 76,578 68,552 - 54,225 150.15 42
連18.3* 587,775 108,552 - 106,630 76,000 259.12 50
連19.3*(予) 597,000 108,000 - - 78,500 214.80 54
連17.9 284,610 47,899 46,971 - 32,967 93.66 23
連18.9* 284,997 47,582 - 44,527 34,454 95.65 27

※IFRSベース

売上高・営業利益の推移と見通し
もっと大きく↑
【株主】株主数 26,832名 (18.9)
株式所有者別状況

【2019年3月期 第3四半期 出荷遅延の正常化により、業績は回復基調】
売上収益は前年同期比1.5%増の4,436億円。ホスピタルカンパニーは、輸液剤、外科領域製品、疼痛緩和製品や製薬企業との提携ビジネスであるアライアンス事業などが好調に推移し増収。心臓血管カンパニーは、日本の公定価改定の影響に加え、一部の製品で愛鷹工場からの出荷遅延があったものの、ニューロバスキュラー事業が好調に推移したことにより増収。血液システムカンパニーは、日本および中南米において、血液センター向け製品が堅調に推移し増収。営業利益は、販売費及び一般管理費、特に研究開発費が増加したことにより、前年同期比9.4%減の785億円。税引前四半期利益は、前年同期の為替差益に対し、当第3四半期は為替差損を計上したことにより、前年同期比12.4%減の750億円。親会社の所有者に帰属する四半期利益は、税引前四半期利益の減少に加え、前年同期に繰延税金資産・負債の再評価で法人税の一過性の減少が発生していたことで、前年同期比26.6%減の565億円となった。(18.12)

【株価】
株価グラフ
  高値  安値    高値 安値 1日
出来
82-14(01-03) 6,260 (08) 590 (92) <18>08 6,250 5,630 1,165
14(04-12) 2,925 (11) 1,954 (05) 09 6,800 6,000 1,468
15  4,125 (12) 2,637 (01) 10 7,090 5,710 1,759
16  4,840 (07) 3,415 (01) 11 6,090 6,718 1,351
17  5,440 (12) 3,835 (04) 12 6,775 6,795 1,528
18(01-12) 7,090 (10) 4,910 (02) <19>01 6,341 5,913 1,056
【株式数】
379,760千株 売買単位 100株 資本金 387.16億円
(億円)
【財務】 (連18.3)      【指標等】 (連18.3)
資産合計 10,790 ROE 17.50%
資本合計 5,504 ROA 8.70%
親会社所有者帰属持分比率 51.0% 研究開発費 413
利益剰余金 5,889 減価償却費及び償却費 454
有利子負債 2,444 設備投資額 436
フリーCF 705    
【役員】 (18.6.22)

(会長)三村孝仁(社長)佐藤慎次郎 
(取締)高木俊明 羽田野彰士 デビッド・ペレス 森郁夫 上田龍三 黒田由貴子

【連結子会社】 (18.3)
テルモアメリカスホールディング社、テルモメディカル社テルモカーディオバスキュラーシステムズ社マイクロベンション社テルモBCT社テルモヨーロッパ社バスクテック社泰尓茂(中国)投資有限公司、など96社

Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.