文字サイズ

一般のお客様向け情報




現在地は一般のお客様向け情報トップの中の健康ガイドの中の健康管理についての中の家庭での尿チェックのすすめです。


健康ガイド

家庭での尿チェックのすすめ

監修:
飯野靖彦先生
日本医科大学第二内科教授

1973年東京医科歯科大学医学部卒業。自治医科大学透析室、米国立衛生研究所、ハーバード大学研究室、東京医科歯科大学第二内科講師、日本医科大学第二内科助教授、同大学第一病院透析室室長を経て、1998年より現職。

食生活の欧米化、過食や運動不足による肥満から糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病が増加しています。これらの病気は長い間に腎臓にも悪影響を及ぼし、進行すると慢性腎不全にいたり透析療法や腎移植を受けなければならなくなります。透析療法を受けている患者さんは23万人を超え、年々約1万人も増え続けています。中でも、糖尿病や高血圧による割合が増加しています。腎臓病の多くは自覚症状のないまま慢性的に進行し、症状が出たときには腎臓の働きが90%以上低下しており、かなり進んだ状態になっていることが少なくありません。腎臓病にならないためには、生活改善を含め生活習慣病の予防や管理が大変重要になります。自覚症状の乏しい糖尿病や腎臓病を早期に発見するために、ぜひ習慣にしていただきたいのが尿試験紙による尿チェックです。薬局などで販売している尿試験紙を用いれば簡単に自分でチェックできます。定期的に尿チェックを行いコンスタントに陽性が出るようなら、お医者さんに受診されることをお勧めします。

尿はどうして大切なの?

“肝腎”といわれるように腎臓は非常に重要な臓器です。

=腎臓の働き

腎臓は尿をつくることによって、からだの中の環境を調節し、栄養素がエネルギーとして使われたあとにできる老廃物をからだの外に出します。尿として1日1~1.5リットルほど排出されます。また、血液の酸性やアルカリ性の調節を行い、赤血球をつくるホルモンや骨を強くするホルモン、血圧を調節するホルモンを分泌しています。腎臓の機能が低下すると、尿毒症や高血圧、貧血などさまざまな障害がでてきます。

尿チェックでわかることは?

定期的に尿チェックを行うことで、尿糖や尿たん白、血尿(潜血)の存在がわかり糖尿病や腎臓病などを早期に発見することができます。

尿糖 尿中にブドウ糖(尿糖)が出ると、糖尿病が疑われます。
尿たん白 正常でも発熱・運動で出ますが、それ以外のときは腎臓病が疑われます。
尿潜血 尿中に血液が含まれていると、腎臓や膀胱など尿路の異常が考えられます。
糖尿病ってどんな病気?

糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンが不足したり、インスリンの働きが悪かったりするために、血糖値と呼ばれる血液中のブドウ糖濃度が増え、からだにさまざまな障害が起きる病気です。

血糖を下げるインスリンの分泌がほとんどない1型と、インスリンの分泌が低下したり、働きが悪くなる2型があります。糖尿病の大半は2型で過食や肥満、運動不足などが引き金となっています。現在、糖尿病と診断された人、および糖尿病が強く疑われる人は740万人といわれています。糖尿病は初期のころは自覚症状がほとんどないため、治療を受けずに放置されることが多い病気です。この50年で患者さんは約25倍に急増しました。

糖尿病予備軍の数

【ひとくちメモ】糖尿病の自覚症状

  • 疲れやすい
  • 尿の量と回数が多くなる
  • 異常にのどが渇き、水分を多く取る
  • 体重が急に減る
糖尿病の診断は?

糖尿病は、朝食抜きの空腹時血糖値を測って診断します。

血糖値の区分

糖尿病になると血液中のブドウ糖の値(血糖値)が高くなり、腎臓の処理能力を超えるため尿の中にブドウ糖が出てきます。血糖値が160 mg/dℓ以上になると尿糖が出るといわれています。

【ひとくちメモ】糖尿病でも尿チェックは必要?

尿糖は血糖が160 mg/dℓ以上になると尿に出てくるといわれています。血糖のコントロールが悪い糖尿病患者さんでは尿糖が多くなります。また、糖尿病になると腎臓の機能が障害され、たん白質が尿に大量に出るようになります。放っておくと糖尿病性腎症に進む可能性があります。尿糖チェックだけでなく尿たん白をチェックすることが大切です。

糖尿病はどうして怖い?

糖尿病が怖いのは、重大な合併症を起こすからです。

慢性合併症には、動脈硬化による心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患、脳梗塞などの脳血管障害などと、三大合併症として知られる糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害があります。日本人の糖尿病患者さんの死因の約40%は虚血性心疾患、脳血管障害、腎症によるものです。

糖尿病性腎症 糖尿病患者さんの30~50%に発症するとされており、透析導入の原因の第1位で全体の約40%を占めています。
糖尿病性網膜症 網膜の細い血管に障害がおこり視力が低下していきます。失明原因の第1位となっています。
糖尿病性神経障害 末梢神経が障害されるため、手足のしびれや痛みなど全身にさまざまな症状がでてきます。最悪の場合は壊疽になることもあります。

糖尿病の合併症を防ぐためには定期的に検査を受け、食事療法や運動療法、血糖自己測定による血糖値のコントロールをしっかり行い、病気を進行させないことが大切です。

腎臓病ってどんな病気?

腎臓の働きが失われている状態を腎不全といいます。尿をつくる糸球体の機能が健康な人の50%以下になると慢性腎不全と診断されます。

慢性腎不全になると元にもどりませんから、尿チェックなどで早めに発見して治療を開始し進行を抑えることが重要です。尿たん白は尿試験紙の判定レベルで濃度を知ることができます。腎臓の働きが90%以上低下すると透析の導入が必要となります。透析導入の原因疾患は糖尿病性腎症、慢性糸球体腎炎、高血圧性腎硬化症がトップ3です。1998年以降は糖尿病性腎症が1位になり高血圧性腎硬化症もあわせると、糖尿病や高血圧による割合が急増しています。

慢性透析患者数の推移グラフ

年次別透析導入患者の主要原疾患の推移

「図説 わが国の慢性透析療法の現状(2005年12月31日現在)」 日本透析医学会 統計調査委員会

透析ってどんなことをするのですか?

透析には血液透析と腹膜透析があります。腎臓に代わって人工的に血液をろ過し、からだの中の老廃物や余分な水分を取り除きます。

血液透析
ポンプで血液を体外に導き、透析器を通して老廃物や水分を除去し、きれいになった血液をふたたび体内にもどす方法です。1回4~5時間、週に3回ほどの通院が必要です。

透析装置の働き

腹膜透析
患者さんの腹膜を透析膜として利用します。自宅などで毎日3~4回透析液を交換します。在宅でできることが大きなメリットで、仕事を持っている人や定期的に通院できない人に向いています。

腹膜透析図

腎臓病と高血圧は併発しやすい?

高血圧が続くと腎臓が悪くなり、糖尿病性腎症など腎臓の病気があると高血圧になりやすくなります。

高血圧の患者さんは約3400万人を超えるといわれ、生活習慣病の中ではもっとも頻度の高い疾患です。男性の45%、女性の35%が高血圧といわれ、半数以上の患者さんは充分な治療を受けていないのが実状です。
高血圧が続くと腎臓が悪くなり、糖尿病性腎症など腎臓の病気があると高血圧になりやすくなります。高齢化にともない腎臓病が増える傾向にあります。腎臓を守るためには血圧を適正な値に維持することが大切です。

[ひとくちメモ]血圧はどのように測ればよいか

  • 座った姿勢で
  • 上腕で(手首や指は奨められない)
  • 毎日同じ時間に
  • たまには時間をずらして測定することも必要
腎臓を悪くしないためには、どうしたらいいですか?

血圧のコントロールと尿たん白の減少がポイントです。

腎臓の働きのひとつに血圧の調整があります。高血圧から腎臓が悪くなり、腎臓の病気から高血圧を引き起こします。腎臓病の患者さんが高血圧になると腎機能が低下し、さらに血圧が高くなる悪循環に陥ります。腎臓病の患者さんにはより厳しい血圧コントロールが求められます。また、腎臓病の患者さんは尿たん白が多く検出されます。血圧のコントロールに加え、尿たん白を減少させることは大変重要であり、塩分制限などの生活改善が必要になってきます。尿たん白が多いと早く腎機能が悪くなります。

治療目標血圧値

血圧管理の指標として、家庭で測定した血圧値が重視されています。血圧が適切にコントロールされているか確認するために、家庭で朝と夜の2回定期的に血圧を測る習慣をつけてください。

糖尿病と高血圧がかさなると?

複数の危険因子が重なると、動脈硬化疾患、冠動脈疾患など心臓病の発症率が高くなるといわれています。

最近では、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症のうち三つ(場合によっては二つ)以上該当する場合を代謝異常症候群(メタボリックシンドローム; Metabolic Syndrome)といい、複数の危険因子が重なると、動脈硬化疾患、冠動脈疾患など心臓病の発症率が高くなるといわれています。
遺伝的要因や加齢などの要因に加え、食生活・身体活動等をはじめとする生活習慣が深く関連しており、早期に生活習慣を改善していくことが重要とされています。

危険因子の数と心臓病のリスク