文字サイズ

一般のお客様向け情報




現在地は一般のお客様向け情報トップの中の健康ガイドの中の食事・栄養についての中のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の方向け栄養情報の中の4.家で調理する時の工夫です。


健康ガイド

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の方向け栄養情報

4.家で調理する時の工夫

お買い物

  • 最近のスーパーやコンビニエンスストアーでは、電話注文で家に商品を届けてくれるサービスを行っているところがあります。外に出るのがつらいときのために、事前に調べておくとよいでしょう。

下ごしらえ

  • 化学調味料には、摂り過ぎるとよくないナトリウムが多く入っています。煮干しの場合、頭と尻尾をとり水に一晩つければだしが取れます。できるだけ天然素材を使いましょう。

  • 電子レンジを使うと下ごしらえに便利です。
    また、冷凍野菜を利用するのもよいでしょう。

  • 立ちっぱなしではなく、座って楽にやりましょう。

火を使うときの工夫

  • ガス台で点火するときは、カニューラをはずすなど引火しないように十分注意しましょう。
  • ガスコンロの代わりに、電磁調理器や電子レンジなどをうまく使うと安心です。

ちょっとした工夫

  • こまごまと動き回るのは疲れます。調理器具・調味料・食器などよく使うものはまとめて一箇所におくようにしましょう。
  • 1度にたくさん作っておき、日付を記入して冷凍すると便利です。
  • 濃厚流動食のテルミールなど栄養バランスの良い市販の栄養調整食を購入しておき、保管しておくと、調理が出来ない時に便利です。

  • 食後は1時間程度、体を起こしたままで休息をとりましょう

    体を起こしたままの方が食物の胃の通過を早めます。また、消化にも酸素をかなり必要とするので、食後にすぐ動くのは“息切れ”を強くする原因となります。在宅酸素療法をしている方は、酸素を吸ったまま休息してください。