文字サイズ

企業情報

社会・環境への責任
  • 「*」が付く項目は他のカテゴリのコンテンツへ移動します。

次世代法・女性活躍推進法 一般事業主 行動計画

テルモは、経営トップが率先するダイバーシティ推進の一環として、女性がさらに活躍できる制度の整備と風土づくりを全社的に推進し、意思決定の場面に参画する女性を増やすため、次のように行動計画を策定します。

計画期間

2016年4月1日~2018年4月1日

当社の課題

(1) 採用における女性比率を高めるなどの施策を進めているが、全体の女性比率が低い。

(2) 男女の継続勤務年数に差がある。

(3) 管理職に占める女性比率が低く、ロールモデルが少ない。

目標

管理職(課長相当職以上)に占める女性の人数を65人以上にする。

取組み内容と実施時期

取組み1: 新卒採用企画営業職における女性比率50%以上を継続する。

  • ・ 2016年4月~ 自社主催の採用関連イベントや社員面談等において先輩女性社員のキャリア紹介を行い、入社後のキャリアをイメージしてもらう。
  • ・ 2017年3月~ 企画営業職への女性の応募を増やすため、女子学生向けのセミナーに年1回以上参加する。

【2015年度からの継続施策】

  • 育児・介護との両立を支援する制度やキャリアリターン制度*を紹介する。
  • * 結婚・出産・育児・介護・配偶者の転勤により退職した社員に再雇用の道を開き、再びテルモで活躍することを支援する制度。

取組み2: 多様な働き方のための両立支援の推進

  • ・ 2016年4月~ 育児休業中の社員を対象とした復職支援策の拡充を検討する。
  • ・ 2017年3月~ 復職支援策を拡充して実施する。
  • ・ 2017年8月~ 管理職向けにダイバーシティ(働き方の多様性)マネジメントスキル向上のための施策を実施する。
  • ・ 2018年3月~ 全事業所の育児休業中の社員を対象に復職支援策を実施する。

【2015年度からの継続施策】

  • 育児・介護との両立を支援する制度やキャリアリターン制度を周知する。
  • 男性社員の育児休業取得を推奨するため、直属上司および部門長へ取得促進の働きかけを行う。(育児休業の取得方法等をまとめたハンドブックの配布、育児休業を取得した男性社員の紹介など)
  • 育児休業中の社員に対して情報提供(社内報やメールマガジンの配信等)を行う。

取組み3: ワークライフバランス、多様性を認め合う風土づくり

  • ・ 2016年5月~ 座談会を開催する。
  • ・ 2017年4月~ 全社員を対象としたダイバーシティ(多様な人材の活躍)セミナーを実施する。

【2015年度からの継続施策】

  • 年2回、介護強化月間を実施し、介護との両立に備えるための情報提供を行う。
  • ダイバーシティ推進BOOK(冊子等)を用いて多様性を認め合う風土づくりのための啓発活動を実施する。
  • ノー残業DAYの設定と周知を行う。
  • 計画的に有給休暇を設定するよう定期的に周知し、取得を促進する。
  • 健康増進活動として検診の充実化や治療費用補助を行う。

取組み4: 女性リーダーの計画的な育成

  • ・ 2016年 8月~ 女性リーダーの育成責任を持つ管理職向けにダイバーシティ(メンタリング)マネジメントスキル向上のための施策を実施する。
  • ・ 2016年10月~ 若手層を含めたキャリアを考える教育研修の企画を検討する。

【2015年度からの継続施策】

  • 女性リーダーを対象としたメンター制プログラムを実施する。
  • 女性リーダーのキャリア形成を支援するための、育成責任者による個別育成計画の策定とふり返りを実施する。
  • 多様なロールモデルとキャリアの事例紹介を行う。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.